なんとなく理想のダイヤグラム作成ソフトについて考えてみた


ざっくりとした概要

以下徒然なるままに書いた文章

OuDiaで運用を作るときに、どこで路線ファイルを区切るかで悩む。収容路線を大きくしすぎると処理に時間がかかり時刻表の見栄えも悪い。 小さいと直通列車が収まらず、それはそれで運用がわかりづらくなる。

そもそもOuDiaにて運用情報を管理しようと思ったら運用範囲を1枚でカバーする時刻表を作らなければならず。JR西日本とか東日本とかどうすればいいんだって話になる。じゃあ巨大路線網の時刻表をどのように管理すればよいかと考えた。

とりあえず路線網は分岐なしの1本の線になるまで分解する、この1本の線をRouteと呼ぶ。こうすることで路線網を重複が無いRouteのリストにすることができる。

ついでに列車もRouteに合わせて分割する。Route毎に分割された列車をTripと呼ぶ。Route上を走行するTripの一覧を作ることができるだろう

このままだとRoute毎の時刻表しか作れない。これは可読性として問題なので、複数のRouteをまとめて時刻表を作れるようにする。時刻表内には分岐があっても良いだろう。1つの路線網に1つの時刻表しか作れないなんて制約は不要で、路線網の1部分を切り出したような時刻表がたくさん作成されることを想定している。

列車もRouteに合わせて分割している今、複数のRouteから時刻表を作ってもぶつ切り状態の列車になってしまう。これでは問題なので、もともと1本の列車に対して共通のIDをつけておく、同一IDの列車は連続した列車となる

運用は今まで通り運用番号を設定すれば良いだろう。各運用毎に含まれるTripを記述すれば良い

ここまで来ると列車の分割併合を記述したくなる。分割する列車は共通の列車IDを持つと思われる、プラス運用番号(運用番号は分割列車毎に異なるはず)の情報があれば分割併合を記述することができる。

まあここまで書いたことは先行してAOdiaに実装している。JPTIファイルを解読するとTripとかRouteとはどんなものか見て取れると思う。JPTIプロジェクトの一環としてダイヤソフトの考察をしているからしょうがない。(JPTIフォーマットのベースはGTFSだからそちらもすこし参考になるかも)

あと現状のダイヤソフトについて思ったことを書くと、OuDiaの入力は非常に使いやすいし、これからも使われていくと思うけど、大規模路線を作成することに対する考慮がなされていない。まあ昔からあるソフトだし、当時のPCスペックを考えるとしょうがない。どちらにせよOuDiaはダイヤグラム編集ソフトとしてなくてはならない存在なのは言うまでもない。 その筋屋はどんどん進歩しているソフトである。大規模ダイヤにも対応できそうだがいかんせん入力が大変である。事前に系統を作成しなければならないところとかが地味に面倒だなと感じたし、列車のコピーや分割のショートカットが無いのもイマイチ点。ショートカットキーはOuDiaのものを流用するとありがたい。 あとその筋屋は列車種別を設定できないのも致命的か。黒一色のダイヤ線は都市鉄道には辛いものがある。

更新:2017/12/02

記事リンク